全身脱毛とホルモンバランスの関係

全身脱毛の疑問や不安として「全身を脱毛するとホルモンバランスが崩れてしまう」という声があるようです。結論からいえば、それはまずありません。ただ、そうした不安が起こるのは毛髪とホルモンバランスに関係が見られるからかもしれません。

 

よく言われることですが、毛の成長には男性ホルモンが働いています。男性ホルモンは身体の防衛機能に関わっているので、たとえばストレスなどで身体に負荷がかかると男性ホルモンが活性化し、そのため女性でもひげが生えるといった現象が起こります。また加齢で女性ホルモンが減少してひげや体毛が増えることもあるようです。最近よく耳にする「ヒゲジョ」の増加もストレスや加齢が関係していそうですね。

 

というわけで、確かにホルモンバランスと発毛は関係していますが、脱毛したことでそれが逆にホルモンの分泌に関係するということはありません。ただし、全身脱毛の処置中は肌が敏感になっているので、できるだけ保湿して乾燥を防ぎ、また日焼けは避けるほうがよいです。

 

また生理中もホルモンバランスが乱れやすいうえ、人によっては生理痛などで気分や体調が崩れやすいので、できれば施術は避けましょう。ホルモンバランスが安定している時の方が、ターンオーバーも正常に機能するので、肌の状態もよくよりよい状態で脱毛を続けることができます。肌ダメージがあると施術できない場合もあるので、肌のケアには気をつけてください。

 

ピルを含め、ホルモン関係の薬を服用していると、施術を受けられない場合もあります。大切な身体に関することなので、カウンセリングの際にきちんと自己申告して、脱毛効果を最も高められるタイミングで施術を受けてください。

 

子供や中学生が脱毛をするケースも増えてきていますが、まだホルモン分泌が安定していないので、全身脱毛をしてもあとあと発毛する可能性があります。特に思春期前だとまだ陰毛なども生えておらずフラッシュやレーザーでは処置できないので、全身脱毛よりは気になる部位だけの部分脱毛のほうがよいと思います。いずれにしてもカウンセリングでしっかり説明を受けてくださいね。

おすすめサロンランキング