全身脱毛の事前処理ってどうするの?

全身脱毛で気になるのが「事前処理」ではないでしょうか?ニードル脱毛では少し毛が残った状態で処置しますが、今は光脱毛やレーザー脱毛が主流なので、施術前にムダ毛をそっておく必要があります。

 

サロンによりますが、事前処理は手が届く範囲は自分で行う、というのが基本になっています。とはいえ、背中や襟足、デリケートソーンのVIOラインなどは、もともと自己処理が難しいからプロに頼む方も多い部位なので、「事前処理ってどうやったいいの?」と悩みますね。

 

サロンによって「できるところまでは自分で。剃り残しはサロンでやる」というところもあれば、「全部サロンでやる」というところもあります。無料でやってくれるサロンもあれば、基本有料だったり「VIOラインなど特定部位は有料」というところ、またシェーバーを購入すればやってくれるところなどかなり差があるので、事前に必ず確認しておいてください。

 

有料の場合は、処置する回数とも関わってくるので、トータルな金額もきちんと把握しておく必要があります。施術自体が低価格でも、事前処理代金を合わせて考えると結局他より高くなることもあるので、気をつけてくださいね。ただしサロンにお願いした場合はプロがていねいに対応してくれるので、その点は安心です。

 

剃り残しがあると施術できなかったり、肌に傷や荒れがあると処置できないため、自分で一部でも処理する場合は、直前ではなく数日前には行っておく方が安心です。自分での処理ははさみやカミソリ、シェーバーを使う方が多いですが、くれぐれも気をつけて行ってください。特に手鏡をつかってもそりにくいOゾーンは無理をせず、ある程度の剃り残しは仕方がない、という感じで大丈夫そうです。

 

まずはお試しキャンペーンなどを利用して、カウンセリングなどでそうした情報もどんどん質問して、比較しながら、自分にとってコストパフォーマンスのよいサロンやクリニックを見つけてくださいね。体験者の口コミも有効です。

おすすめサロンランキング